展示&表具について

 一昨日のNHKの放送中にTwitterでかなりの応援、賞賛のコメントがあり、この展示を「シェアしたい」と押してくれたフィギュアスケートの鈴木明子さんに感謝です。

コンセプト詳細を言わなくても、被災地のみなさんの想いのこもった絵を見ただけでグッとキタ~!的な反応、、、自分としても絵画の力を再認識させてもらった感じでとても嬉しい出来事でした。

(ちなみにコンセプトを短めに言うと、、「ドキュメンタリー映画ではなく、0.1秒でギュッと伝わるドキュメンタリー絵画」です。メインキャストは被災地の方々。制作スタッフは裏方とはいえ、みんな自分の作品として責任とプライドを持って適材適所担当してます。なので単なるボランティア的な感覚とは異なります。もちろん、映画などと同様に協力してくださった方々の名前がスタッフクレジットに最後まで残ります。)

d0130395_722508.jpg


さて、本日は午後に東京都美術館へ。

NYからわざわざ!?友人のリョウさんも展示に来てくれました。&テレビの影響からか若い方も、ちらほら。

★表具study★
たまたま、その場にいらした今回の表装に携わってくださった表具師の方とお話させていただきましてマメ表具講座がスタート。

★「裏打ち(絵の裏から紙を貼っての補強)」、、というと基本的作業だと思うだろうけど、安く早いアイロンなどを使用したお手軽なものとは違うのは理解してるかな?、、と。」

「今回の展示の311枚すべて職人の手による手間のかかる水を使った作業。でんぷんのりで仕上げることで50年、100年後、貼り換えなどどのようにも対応できる。」

「安価な中国製掛け軸などはボンドのようなものでガチガチにひっついているので、痛んでも手の施しようがないけども、日本の技の繊細さはどこにも負けないよ。。」
「しかし木炭画の裏打ちなんてやることないから、にじみが怖くて大変だった!
もっとしっかり定着する画材でやってけろや。笑」

などなど、、お話が興味深すぎてノート取りたいほどに。

★その後、協会の事務などを担当してくださってる方にも話を聞くと、、

表具師になるにはまず2年ほど表具師協会が運営している職業訓練校に通うなどした後にさまざまな場所で修行し、一人前になるまでに、、やはり10年ぐらいははかかるとのこと。
・・・・現在ではいきなり弟子入りというのはかなり珍しいパターン。。

表具の作業には手抜きできるポイントはどこにもなく、最初から最後まで緊張感ある細密作業、、糊の量のちょっとの差でも仕上がりは変わってくるので経験が仕上がりに出てくるとか。

現在はカルチャーなどでも表具講座などをやってるところもあるとのこと。、、

自分の作品を表具に仕立ててもらうには、激安のを探せば1万円ほどらしいけども、、一般的には、、手間と
材料で少なくとも3~5万ほどはかかるかもとか。

ということで、、来年の自分の個展は表具に挑戦か!?


レンジ
[PR]
by senninbotoke | 2015-06-26 18:30 | メディア掲載、展示情報 | Comments(0)


目標「菩薩デッサン1000枚」。


by senninbotoke

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

千人仏プロジェクトとは?
ボランティア募集!
ワークショップレポート
参加者の声
協力・協賛報告
メディア掲載、展示情報
staff only

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

外部リンク

画像一覧