カテゴリ:参加者の声( 9 )

参加者(先生達)の声!

2015/3/7-8のツアーに参加したMさんの感想をご紹介します。
------------
回を重ねる度に、描いてくれる人も増え、また2度目という方もいました。
このプロジェクトが被災地に少しずつ根付いてきてることをうれしく思うと同時に、
もうすぐ最終回をむかえることを寂しくも思います。

悲しみと絶望に打ちひしがれていた被災地も、4年たって新たな気持ちで
前を向いて歩こうとする明るさを取り戻しつつあると感じました。

しかし、今回出会えなかった人たちの中には、
まだまだ困難な状況が続いてる人がたくさんいるのだと思います。

京都から参加された先生から、阪神淡路は震災後、20年たってすかっり復興しているように見えているが、
目に見えない部分で、多くの人が借金を抱えていたり、心の傷が未だ癒えないなど、苦しんでると聞きました。
東北の復興はこれからです。

大船渡の仮設のおばあちゃんたちは、4年かけてやっとできた仮設でのコミュニティが、
県営住宅などへの引っ越しで、また壊れてしまうことを心配してます。
地域と地域を繋いでみんなが集まれるこのようなボランティア活動を、
是非、続けて欲しいとお願いされました。

被災された方々にはなかなか言えませんが、
苦難の近くには、必ず素敵な宝石のかけらが落ちているものだと私は信じてます。

ただ、悲しみが大きすぎてそれに気付けなかったりする。
不幸な出会い方ではありますが、こうして東北のみなさん、
一緒にボランティアをする仲間、たくさんの素敵な方と出会えることができました。

そして毎回、私は宝石のかけらをしっかり(ちゃっかり)拾い集めてます。
同情とか憐れみからではなく、そんな気持ちでボランティアを楽しみながら続けてることが、
被災地の人にふんわりと伝わったらうれしいな。

それとこのボランティアを続けているもう一つの理由として、
千人仏という作品の魅力に動かされているんだと今回ますます思いました。

自然の驚異、それに立ち向かっていこうとする人間の強さ、そして鎮魂、
色々な意味が込められた壮大な作品になることでしょう。

この災害を風化させず、長く伝えていくためにも
より多くの人にこの作品を見ていただけるようにすることが、
これからのわたしたちの務めだと思います。

きちんと装丁して良い場所で展示しましょう。
全国に、世界に向けて!

a0268618_09323285.jpg

[PR]
by senninbotoke | 2015-03-15 09:32 | 参加者の声 | Comments(0)

エイジさんより!8/29~8/31

2014/8/29~8/31のツアーに参加してくれた鈴木英治さん。
イギリス生活十数年・・・英語ネイティブのエイジさんは日本語の方が苦手とのことですが、
ナイスなレポート送ってくれました!

***************************************************************

千仏プロジェクト参加のため岩手県、大船渡にいって参りました。

実際の活動時間は一日半、(一日2セット)といった無理のないスケジュールで、

他の時間は昼・夕食のごちそうでスタッフと交流を深めるという楽しい時間が過ごせました。

スタッフ(先生たち)はそれぞれ個性的で、今後共お付き合いを続けたい仲間にもなりました。

肝心なワークショップでは、お互い初対面である地元の方でさすがに緊張しましたが、

一人一人真剣に写仏に取り組んで頂き、気持ちが一つになったような感覚でした。

自分の指導のあまさとみなさまともっとお話しができなかった事が心残りでしたが、

良い経験と勉強になりました。何よりも、サポートセンターのスタッフの想いや被災地の現状を

知るうえでは身に染みる貴重な体験です。

このような機械を与えてくださった主催者の方々に心から感謝いたします。

a0268618_22373154.jpg


鈴木英治
[PR]
by senninbotoke | 2014-09-16 22:36 | 参加者の声 | Comments(0)

参加者(先生達)の声!

2014/3/3-4のツアーに参加したヒトミさんのブログより、感想をご紹介します。

--------

被災地でのボランティア活動は前々からやりたかったことの一つ。今回ワタシは絵の先生として、子供達と一緒にアートセラピー体験をしました。


第8回目となる今回は、岩手県大船渡市、末崎小学校へ。
167名の小学生達と、写仏デッサンを行いました。
ワタシは小学三年生を担当。
体育館という寒い場所で、初めて扱う木炭や練り消しを使って一生懸命に描いてくれましたよ。

最初はお手本を見ながらもおっかなびっくりだった子達も、
少し教えるとすぐに飲み込んで自由に楽しく、大胆に描き始め、
絵を褒めると嬉し恥ずかしそうにしていたり。

練り消しを使うのが始めてだったので、
とても興味深そうで、使い方を教えてあげると、皆楽しそうに使ってた。

短い時間だったから、大した会話も出来なかったけど、
アートを通して小学生と触れ合えたことは、とても貴重な良い経験となりました。
もっともっとみんなとお話をしたり遊んだりしたかったなぁ。
深く交流を持てる機会が欲しいと思った。


海を見ると震災を思い出したりと、震災のPTSDで悩まされる人はまだまだ多いと。
でも、こうやって1年1年、節目を迎える事は大事な事なのだと
心理カウンセラーの方は言われるのだとか。

千人仏プロジェクトのアートセラピーが節目の役割になれれば嬉しいな。
子供達はこのワークショップで何を思ったのかな。


ここは駅前商店街だったんですよと言われてみた場所はまだ全くの更地で、
建設作業がなされてる訳でもなく、一体何をやってるのかと思ったけれど、
地盤を固めるまでにもまだまだ時間がかかるらしい。
すぐに形になる訳ではないのだ。一体いつになれば復興の目処が経つのか…。

初めての被災地で、自分の無力さを感じながらもこうして千人仏プロジェクトのように沢山の力が集まれば、きっと大きな事も動かせるはずだと!人と人との繋がりの大切さを考える機会になりました。


(後略)
[PR]
by senninbotoke | 2014-04-29 13:44 | 参加者の声 | Comments(0)

参加者(先生達)の声!

2014/3/3-4のツアーに参加した太田さんのレポートをご紹介します。

--------
予告通り、震災3周年を一週間後に控えた、岩手県を訪れました。

大船渡市の小学校で行った、とある心のケアプログラムにボランティア参加したのですが、
311を前に忌まわしき記憶を子ども達に思い出させたくないと心配されている親御さんに配慮して
「亡くなった方に追悼の意を表し復興の願いを口にすることは、子ども達の成長にとっても良い事である」
という心理学者の言葉を、学校側は事前にプリントで各家庭に届けて下さっていたようです。

受け入れ担当の先生がPTSDをPTAと言い間違える恐らく鉄板ネタにもジンと来るものがありました。


私は3年前ひとり北京で暮らしており東北の方にはもちろん、
自分の家族にも何ひとつしてあげる事が出来ませんでした。

辛い経験を家族や仲間と全く共有できなかった現実は
私の人生にとても大きな穴となって今でも残っております。

なので、せめてもの罪滅ぼしのつもりで機会があれば今後も東北に足を向けてみようかと思っています。
誰かの為ではなく単なる自己満足なので全くエラくない話ですが。

車窓から牡蠣の養殖を見ました、半年前よりずっと多くの盛り土も見ました。
ただ、大船渡の名物の一つにサンマーメンならぬサンマラーメンというのがありましたが、
それは流石に、ないだろ!と思いました。

報告終わり。
[PR]
by senninbotoke | 2014-04-07 10:56 | 参加者の声 | Comments(0)

参加者(先生達)の声!

2013/11/30-12/1のツアーに参加した水上さんの感想をご紹介します。

-----------
今回は、千人仏プロジェクトに参加させて頂きました。

飢饉や天変地異によって多くの餓死者を出した時代、こうした死者の霊を慰め、その冥福を祈るとともに、二度と天災、地変が起こらぬようにと、仏に加護を念じ、千人の法体を刻み祈ったといわれます。(HP引用)
このプロジェクトは木炭で写仏し、それを1000枚集めて大きな美術館に飾るのが目標です!

当日は、おじいちゃん、おばあちゃん、ちびっ子、子持ちママ。
たくさんの人と触れ合えて、私が逆に元気をもらってしまった!

岩手に行ったのは初めてで、
海がすぐ近くでとっても気持ちのいいとこでした。

一本松があったけど、周りの工事でちょっと見づらくなってた。
トラックだらけで渋滞がおきるくらいたくさん車があったけど、まだまだ復興の途中。
盛り土されたばっかりのところもあれば、雑草がたくさん生えてるとこもある。
草原みたいに広いところは家があったであろう枠だけあって。
マンションが建ってると思ったら5階建てのマンションで下4階分が壊れてて、当時のすごさを物語っていました。

一緒にデッサンしたおばあちゃんが当時の話をたくさんしてくれた。
私が泣いたらだめだなって思った。
私が感じてる苦しい気持ちなんてホント小さいものだ。
色々感じたことをこれから整理していこうと思いました。

まだまだやることいっぱいある!
もっとこの活動を広めていきたいです。
a0268618_1111558.jpg

[PR]
by senninbotoke | 2013-12-10 11:14 | 参加者の声 | Comments(0)

参加者(先生達)の声!

2013/3/30に開催したワークショップでの体験談をご紹介します。
-----------

仮設で出会ったおばあちゃんの話をします。

そのおばあちゃんは「これは37歳で津波で流された息子だ」
といいながら弥勒像のデッサンをされてました。

そして木炭の粉が周りの余白に飛び散り黒く汚れたところを練り消しで何度も消しながら、
「こうすれば沈んだ息子が浮かんでくるかな」って言ってた。
「きっと浮かんでくるよ。わたしも一緒に消させて。」

ふたりで一生懸命消して余白を真っ白にしたら
弥勒像がくっきりと浮かんでみえて、
濁流のにごった海が今日のように穏やかで美しい海に変わって
息子さんが静かに浮いてくるイメージと重なった。

トイレで泣いた。涙止まらなくなった。

おばあちゃんに絵のはじっこに一緒に名前を入れてと頼まれ、
ふたりのなまえを書くと自分で作ったフエルトの小さな熊のバッチをくれた。

陳腐な同情と受け取られかねないのに
おばあちゃんはわたしの気持ちをしっかり受け止めてくれた。
おばあちゃんありがとう。

おばあちゃんのデッサンはへたっぴだけど作品としてはすばらしいと思う。

こんなものを千枚集めたらどんなにすばらしいものになるのか。

前回参加して50枚集めたときに1000枚集めた作品を想像したら
ゴーギャンの「我々はどこから来たのか我々は何者かそして我々はどこへ行くのか」の本物を目の前にしたときの印象をなぜか思い出した。

わたしはもっと被災地の人と触れ合いたいと思うし、
この作品に関わることに意義を感じるので
これからもこのプロジェクトに参加して行きたい。

a0268618_1934223.jpg

[PR]
by senninbotoke | 2013-04-12 14:04 | 参加者の声 | Comments(0)

参加者(先生達)の声!

2013/3/30に開催したワークショップでの体験談をご紹介します。
-----------

現地での滞在時間は短いものでしたが、貴重な体験でした。

震災発生以降、ボランティアに参加して被災された方々の助けになりたいと常々思っていましたが、
仕事や金銭面で難しくなかなか実行に移せないまま時間が過ぎて行きました。

今回、SNS上での募集を見つけ、時間的にも内容的にも自分に手伝える事が出来ると思い参加を決意致しました。
また、復興がなされる前に実際に被災された土地をしっかりと見ておかなければならないと、
理由と言葉にならない意識で感じていたのも動機のひとつです。

現地の方々は明るく振る舞いながらも、やはり言葉の内に震災での恐怖を滲み出させていて被災されたかたの傷の深さを改めて思い知らされました。
しかしながら、傷は癒えなくとも、明るく前を向いて生きるという強い意思もまた感じられ、元気になってもらう為に出向いたこちらが逆に元気をもらうような気がして申し訳ない気もしました。

ある参加者は、御自分が描かれた仏面を家に飾って毎日拝みたいとおっしゃっていました。
まだまだ先の見えない長い復興の過程にあって、気力の拠り所のようなものが必要なのかもしれません。
このプロジェクトが、1000枚溜まったらそれで終了、というのではなく、復興する、した、力の源として現地で還元されることを期待したいです。

「今日は楽しかったです。」
と言っていただけたのが、偏に参加して良かったと思うことです。

「また次回も来て下さいね、次は100人集めておきますから。」
とおっしゃっていたHさんにまた会える機会を楽しみにして。

a0268618_13535989.jpg

[PR]
by senninbotoke | 2013-04-12 13:54 | 参加者の声 | Comments(0)

ワークショップ参加者からのお便り

長洞仮設住宅にお住まいの安城さんより、
たいへん嬉しいお便りをいただきました!

ご本人の許可を得て、ここにご紹介させていただきます。

--------------------------------------------------------------

初めての経験なので、とても楽しく2時間があっとゆう間でした。

皆さん同じ弥勒菩薩様を見て描いておるのに
出来上がりがこんなにそれぞれ違うとは感動でした。

ご自分だったり、孫さんや家族の顔に似ておりびっくりしました。

HPを拝見させていただきました。素晴らしい企画ですね。
始めは小さな輪ですが今はとても大きくなってまいりましたね。

池にポンと投げた小石が次々と止まることなく広がって行く現状を知り、
その一粒の しずく に加えていただきましてとてもうれしいです。

千人仏が一日も早く達成できますよう、
私のように皆さんお心が安らぎますよう、ご祈念させていただきます。

どうぞ、健康に気をつけて活動してください。

安城 恵美子より

--------------------------------------------------------------
[PR]
by senninbotoke | 2012-11-23 14:00 | 参加者の声 | Comments(0)

参加者(先生達)の声!

参加してくれた先生たちの感想をご紹介します。


a0268618_13132065.jpg「参加者の方が帰り際に「楽しかった~」と仰ってくださって、何よりです。
私自身もとても楽しんで参加してました。同じ時間を過ごしてくださったみなさまに感謝です。」

(みんさん 2012/8/25-26,11/16-18)




「震災発生後から一作家として被災者の方達のために何かしたいと
思い、アートシンポジウムやインターネットで情報収集をしてきましたが、なかなか実行に移せず
モヤモヤしていたとき、このプロジェクトのお話を頂くことができ、本当に感謝しています。

現地ではリーダーとして教室を任せて頂き本当に有難うございました。
仮設住宅のみなさんとのアートを通じての交流はa0268618_13103286.jpg私が今まで経験した事の無い本当に貴重な体験でした。

特に印象に残っていることは私の受持った教室のみなさんが
絵を描くことが「ヨガをやっている時に似ている」と仰っていたことと
「どうしても悲しそうな顔になってしまう」という言葉です。

絵を描く事で心のデトックスができていれば良いなと思いました。

正直、自分の指導はまだまだなのでもっと良いワークショップができるように修行しておきます(笑)」

(渡邊香月さん 2012/8/25-26)



「私も大切な人を失ったことがあるから、衝動的に気付いたらこの千人仏プロジェクトに参加していました。
被災地の方とふれあい、気丈に生きてる人の力強いパワーがひしひしと伝わってきました。

無心で仏様を描いてる女性にイケメンですねと声をかけると、
「亡くなった主人を思い出して描いてるのょ~」
と明るい声で笑う姿に心がグっとして思わずカメラのシャッターを押しました。

a0268618_13111819.jpgまだまだ復興には時間がかなりかかることをもっと伝えて欲しいとおっしゃっていました。

これからは心のケアもますます必要になります。
自分のできることで少しでも力になれたらと思います。
千人仏プロジェクトが展示される日までまた参加したいです。」

(ユミネムさん 2012/8/25-26)



a0268618_13125628.jpg「『亡くした夫を想って描いてるの』と
少女のように微笑み話すFさんに
『旦那さんイケメンですね』と微笑んで話せる私がいたんです。
私が皆さんから教えてもらったことの方が沢山ありました。
一期一会、出会いを大切にしていきたいです。」

(由佳さん 2012/8/25-26)


a0268618_13141266.jpg「千人仏に参加する前までは、被災地の事をテレビで報道されることが少なくなったので、復興は終わりに近いのかな?と思っていました。けれど、ワークショップに参加していた子が、住んでいる場所のことを家とは一度も言わず、仮設住宅と言っているのを聞いた時、復興はまだ全然終わっていない事が分かりました。
実際に現地に行き、現地の人と交流できたことは、貴重な体験になりました。ありがとうございました。」

(コトノさん 2012/8/25-26)


a0268618_1317664.jpg「はじめての木炭デッサンに無心になるみなさんと一緒に、
私もその『場』に集中する心地よい時間を共有することができました。
何かしたいと思っても、一人でたいそうなことができるわけでもない。
私にできるのはただ『木炭デッサンを教える』ことだけなのですが、
参加された方の笑顔が、「それでいいよ」と
自分の背中を押してくれるように感じました。

気負わずシンプルにその気持ちをもち続けて、
これからも私なりに関わって行けたらと思います。

一人ひとりの素朴な一枚が、1000枚集まって大きな力になりますように(目標は大きく、活動はこつこつと。。)」

(金古真紀  2012/3/26-27,8/25-26,11/16-18)
[PR]
by senninbotoke | 2012-08-27 18:28 | 参加者の声 | Comments(0)


目標「菩薩デッサン1000枚」。


by senninbutsu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

NEWs
千人仏プロジェクトとは?
メディア掲載、展示情報
参加者の声
ワークショップレポート
協力・協賛報告
<修了>ボランティア募集
公式ホームページ
staff only

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月

外部リンク

記事ランキング

画像一覧

検索

最新のトラックバック

venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..