<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

NHK首都圏ネットワークで放送されました!

3/9(月)に放送された首都圏ネットワークの内容が、
NHK ONLINE@首都圏にUPされました!

http://www.nhk.or.jp/shutoken/net/report/20150309b.html

放送をみのがした方はぜひチェックしてみてください!
(新着記事に上書きされていくのでお早めに~)


[PR]
by senninbotoke | 2015-03-18 14:12 | メディア掲載、展示情報 | Comments(0)

参加者(先生達)の声!

2015/3/7-8のツアーに参加したMさんの感想をご紹介します。
------------
回を重ねる度に、描いてくれる人も増え、また2度目という方もいました。
このプロジェクトが被災地に少しずつ根付いてきてることをうれしく思うと同時に、
もうすぐ最終回をむかえることを寂しくも思います。

悲しみと絶望に打ちひしがれていた被災地も、4年たって新たな気持ちで
前を向いて歩こうとする明るさを取り戻しつつあると感じました。

しかし、今回出会えなかった人たちの中には、
まだまだ困難な状況が続いてる人がたくさんいるのだと思います。

京都から参加された先生から、阪神淡路は震災後、20年たってすかっり復興しているように見えているが、
目に見えない部分で、多くの人が借金を抱えていたり、心の傷が未だ癒えないなど、苦しんでると聞きました。
東北の復興はこれからです。

大船渡の仮設のおばあちゃんたちは、4年かけてやっとできた仮設でのコミュニティが、
県営住宅などへの引っ越しで、また壊れてしまうことを心配してます。
地域と地域を繋いでみんなが集まれるこのようなボランティア活動を、
是非、続けて欲しいとお願いされました。

被災された方々にはなかなか言えませんが、
苦難の近くには、必ず素敵な宝石のかけらが落ちているものだと私は信じてます。

ただ、悲しみが大きすぎてそれに気付けなかったりする。
不幸な出会い方ではありますが、こうして東北のみなさん、
一緒にボランティアをする仲間、たくさんの素敵な方と出会えることができました。

そして毎回、私は宝石のかけらをしっかり(ちゃっかり)拾い集めてます。
同情とか憐れみからではなく、そんな気持ちでボランティアを楽しみながら続けてることが、
被災地の人にふんわりと伝わったらうれしいな。

それとこのボランティアを続けているもう一つの理由として、
千人仏という作品の魅力に動かされているんだと今回ますます思いました。

自然の驚異、それに立ち向かっていこうとする人間の強さ、そして鎮魂、
色々な意味が込められた壮大な作品になることでしょう。

この災害を風化させず、長く伝えていくためにも
より多くの人にこの作品を見ていただけるようにすることが、
これからのわたしたちの務めだと思います。

きちんと装丁して良い場所で展示しましょう。
全国に、世界に向けて!

a0268618_09323285.jpg

[PR]
by senninbotoke | 2015-03-15 09:32 | 参加者の声 | Comments(0)

震災の追体験「スマホdeチェックラリー」

2日目の3/8(日)は、大船渡津波伝承館が主催されたイベント「スマホdeチェックラリー」に参加!

語り部の方のお話を伺いながら、震災当時の避難ルートに沿って歩きながら、
震災の記憶を追体験する試み。

パッと見、外から来た者には被災地とは分からない景色が広がる現地で、
このような企画に参加できたことはとても貴重な体験でした。

新聞記事に、千人仏プロジェクト参加メンバーのインタビュー、写真が掲載されていました!

3/8東海新報
a0268618_00473946.jpg


















3/9岩手日報
a0268618_00485910.jpg
[PR]
by senninbotoke | 2015-03-14 01:19 | メディア掲載、展示情報 | Comments(0)

新聞に掲載されました!

3/7のワークショップの様子が、3/8の東海新報に掲載されました!

「木炭を使うのも仏の絵を描くのも初めてだったけど楽しかった。
心が安らぎました」
初めての方に楽しんでいただけて嬉しいです!

a0268618_00473141.jpg
[PR]
by senninbotoke | 2015-03-14 00:51 | メディア掲載、展示情報 | Comments(0)

NHK首都圏ネットワークで放送されました!

千人仏プロジェクトの活動が、3月9日、月曜日のNHK首都圏ネットワークで放送されました!

a0268618_11514086.jpg



3月7日、岩手県大船渡市の集会所で行われた絵画ワークショップ。
会場に隣接する仮設住宅などにお住まいの方々が参加してくれました。

木炭、練りゴム、指をつかって、お手本を見ながら菩薩像を描いていきます。
みなさん無心に集中~

a0268618_11514003.jpg
(会場:サポートセンターさんそん)


千人仏プロジェクト企画・監督 三杉レンジのインタビュー

a0268618_11514015.jpg
「画家としてできることは、目標をみんなと共有する、
絵を描く喜びを伝え、心の通い合いを届けること。
それが僕らにできるいちばん意味のあることかと」


9回目となった今回の訪問では、8ヵ所の会場を回ってワークショップを行いました。

参加者の一人、村上さんがインタビューに答えてくれました。
ご自宅は津波で流され、夫を亡くされ、今は仮設住宅にひとり暮らしているそうです。

a0268618_11475156.jpg

「仮設にポツンといるのはもういやだ 閉じこもったら
雨でも降ったら本当に嫌だ 行くとこないし」

活動に参加するなかで、ふさぎこんでいた気持ちが少しずつ前向きになってきた、
と聞いて、こちらもホッ。。
できあがった作品を手に、にっこり微笑んでくれました。

a0268618_11475115.jpg

最後に完成した作品をならべて、みんなで鑑賞します。
「難しかった~」と謙遜する声もあるなかで、
どれひとつ同じものがない、お人柄がにじみ出たような傑作ばかり。

大切なのは、うまく描けたかどうかよりも、参加者同士が心を通わせることです。

a0268618_11475175.jpg

a0268618_11475103.jpg

a0268618_11475158.jpg

これまで描かれた菩薩はおよそ600枚、
今回のツアーで719枚になりました。

a0268618_11475234.jpg

様々な思いを抱えた参加者一人ひとりが描いた絵を1000枚集めて、
今後、被災地や首都圏で展示を行う予定です。
その展示をみて、この中に自分が描いた一枚があると
まわりに自慢してもらえたら、メンバー一同、こんなに嬉しいことはありません。

a0268618_11475282.jpg


ワークショップを終えて
a0268618_11475289.jpg

「人が近くにいてくれる感覚、見ていてくれる感覚。
それがあれば、人ってたぶん頑張れると思う。
皆が孤立しないための一助になれば、それだけで十分です」


(文責:金古)
----------------

「こういう活動って、現地の人にとってはありがた迷惑な場合も多いんだよね」と有名なアート関係者に言われたり、企業やアーティストに協力をお願いして断られたり、いろいろありましたが、3年間活動を継続してきて今回、こうして参加者の声を聴くことができて、やってきたことはまちがっていなかった、と、あらためて勇気づけられた思いです。
NHK取材スタッフの皆様に心より感謝!

三杉レンジ


[PR]
by senninbotoke | 2015-03-12 12:11 | メディア掲載、展示情報 | Comments(0)

2015年3月7.8日ツアーレポート!

今回は過去最高の20名の方がスタッフとして参加してくれました。
毎度の深夜バスの旅ではありましたが、最初から最後までみんな笑顔で
被災地にコミュニケーションを届けに行った思い出深い2日間となりました。

全ての写真↓
https://goo.gl/photos/7eXhKJcg6AAvuDuf7
a0268618_1425761.jpg
今回初参加ながら、全体コーディネート担当の平井さん。
朝食は新発見の穴場「ジョイフル」。とても美味しくて大好評!

a0268618_1443771.jpg
まずは旧大船渡商工会議所前にてNHKの取材

a0268618_13551682.jpg
京都より参加のアーティスト三島先生と一緒に千人仏プロジェクトについての説明

a0268618_1443261.jpg
参加4回目の三輪さん、初回の宮川さんもすばらしいコミュニケーション能力ですぐにみんなと和気藹々。
トーマツの小畑さんはみんなと一緒に描きながら盛り上げます。

a0268618_13552064.jpg
初参加の堀川さんはカメラ係も兼務でテキパキ仕事してくれました。


a0268618_13552596.jpg
何度か来ている会場、そしてNHKの撮影というのもあり、参加してくれた方々も元気な笑顔があふれます。


a0268618_14105099.jpg
株式会社タグボートの徳光社長も自らチームリーダーとなって解説してくれました。
ブラックジョークにおじいちゃん、おばあちゃんも唖然。笑


a0268618_13574513.jpg
メイン先生として毎度参加の日本画家の尾山先生。みんなが頼りにしてます!


a0268618_1356880.jpg

個性的な作品がみんなをハッピーにしてくれます!

a0268618_156734.jpg

a0268618_1561879.jpg



a0268618_14312547.jpg

帰りのバスも超和気藹々!


残すところあと300枚弱!
あと1年前後で千体達成!?

■参加
三杉レンジ、加藤由香、加藤さんママ、堀川美和、尾山篤二郎、重原絵里、椎木ゆきこ、椎木さん姪(よしの)、斎藤大悟、三輪裕美子、関根恵津子、今井のりこ、三島よし美、平井信行、松本剛、宮川かんな、徳光健治、山田智英、小林由佳、小畑大樹 <計20名>

■訪問先
サポートセンターさんそん、サポートセンターとみおか、東部デイサービス、大船渡市デイサービス、気仙デイサービス、末崎町デイサービス、サポートセンターおたすけ、居場所ハウス
<計8ヵ所>

[PR]
by senninbotoke | 2015-03-10 13:57 | ワークショップレポート | Comments(0)